プラセンタの女性ホルモンに対する働き

プラセンタと言うと肌によいもの、美肌のために飲むものと思われがちですが他にも効果を発揮する場面があります。
その一つとして、プラセンタにはホルモンバランスを整える効果もあります。

女性のホルモンバランスの乱れとしてよく挙げられるものが更年期障害です。
更年期障害と言うのは40代後半あたりから起こるものでホルモンバランスの乱れから多汗、耳鳴りなどが起こります。
生理が規則的にあれば体が自ずと女性ホルモンの分泌を促しバランスを保とうとしてくれます。
しかし、更年期になると卵巣機能が衰え始め生理が不規則になりやがて閉経していきます。
この閉経までの間の生理不順が女性ホルモンの分泌を止めてしまい更年期障害が起こります。
更年期障害の程度は個人差があります。
症状が軽度の人もいますが重症化すると精神的なバランスも崩して心の病を抱える人もいます。
このような事態にならないようホルモンバランスを調整してあげる必要があるのです。

そこで、役立つのがプラセンタです。
プラセンタ自体には女性ホルモンが含まれているわけではなく分泌を促進する役割があります。
そのため、サプリメントやドリンクで摂取することで更年期の症状を緩和する効果があるのです。
更年期障害の症状が重い人の多くは睡眠不足に陥ります。
睡眠不足は体力低下、肌荒れ、精神的不安定といった様々な弊害を引き起こします。
睡眠不足の状態が続き、それに伴い他の症状が出てきはじめるとどんどん気持ちも落ちていき悪循環に陥ってしまいます。
そのような状態のとき、これらの症状が少しでも緩和できると体と心の調子は大幅によくなります。
もちろん、体の中への働きかけをするものですからサプリメントを飲んですぐに効果が出るわけではありません。
飲み始めてある程度の時間が必要なものですからすぐには止めず継続して摂取しましょう。
プラセンタを飲んでいると細胞を活性化させるためアンチエイジング効果が期待できます。
人によっては更年期障害の緩和がされる前に肌艶が良くなったりといったエイジング効果がみられる場合もあります。